発達障害の子育て支援、はぴねす子育て発達障害の子育て支援、はぴねす子育て
発達障害・ADHD・自閉症・学習障害・不登校「子育て成長支援」のためのサイト 
 
発達障害の子育て支援、はぴねす子育て発達障害の子育て支援、はぴねす子育て
発達障害のお子様の成長支援
 

はぴねすメソッド(子育てコラム)

Column -method-
 

HOME | 子育てコラム | メソッド | メソッド001

2020-03-29 更新 # はぴねすメソッド

「はぴねすメソッド」その1


はぴねす子育てメソッド1
 

「今すぐどうにかしなくちゃ」、
「すぐにできるようにさせなくちゃ」と思わない。

 
『はぴねすメソッド:その1』は、
 
「"今すぐ、どうにかしなくちゃ!"、"すぐに、子供にできるようにさせなくちゃ!"... と思わないで」 ということです。

"とても小さなこと" と思われるかもしれませんが、
「子育てで、うまくいっていない場面の半分ぐらい」は、この事が原因と言っても過言ではないくらいの、大きな要素です。

そして、あまり意識していなかったとしても、
 
お母さん、お父さんたちは、子供に対して
「今すぐやらせなくちゃ...」 とか、
「早くできるようにさせなくちゃ...」
 
と、思ってしまっていることが多いものです。


たとえば、保育園や幼稚園、学校から、お母さん、お父さんの元へ
お子さまのことに関する「指摘」や「要求」が来ることがあります。
 
そのとき、お母さん、お父さんが、ショックを受けたり、びっくりして、
 
「どうにか子供を適応させなければ!」と、一生懸命になるあまり、
「子供の気持ちや感じ方を見落としてしまう」ということがよくあります。
 
そうすると、親子で「辛い思い」、「大変な思い」をすることになりかねないので
ちょっと、チェックしてみてほしいと思います。
 
 
まずは子供のために、
そして、お母さん、お父さん自身のためにも
 
「今すぐどうにかしなくちゃ!」、「すぐにできるようにさせなくちゃ!」と、思わない。
 
これが、『はぴねすメソッド:その1』のメッセージです。
 
 
もう少しだけ、成長についての話を続けます。
 
落ち着いて、実際に考えてみてください。

「子供」に何かを教えて、「すぐにできるようになること」は、非常に稀です。

子供の成長には、時間がかかるものなのです。
 
(もちろん大人の側の成長にも時間が必要です。)
 
 
一方で、お母さんに何度言われてもやらなかったことでも、
仲のよい友達の一言がきっかけでパッとやりだしたりする。
(ちょっとしたキッカケ)
 
何度も行ったのに、子供が興味や意欲を示さなかった内容、
中学生になったら急に「やってみる」と言ってやり始めるということもある。
(本人にとってのタイミング)
 
そうすると、今までできなかったことも、「パッ!」とできるようになってしまうことがある、
そのままグングン伸びていくということがある。
 
そして、「一度できるようになってしまえば」、それから先は「いつでも普通にできる」ということが多いのも事実です。
 
このあたりの事例もいっぱいありますので、『はぴねすひろば』『ケーススタディ』で紹介していきます。

※『はぴねすメソッド』は、ADHD、自閉症、学習障害、グレーゾーン、特別支援学級、不登校の子、発達障害を持っていない子にも、共通のメソッドです。
 
 『はぴねすメソッド:その2』 へ続く 

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |

関連記事

Related articles

はぴねすメソッド・記事一覧

Method columns
 

コラムカテゴリー

Column category

怒りたくない... 落ち込みたくない... 。お悩みのママ・パパへ、行動の元にある"考え方"を整理し、様々な対応策と事例をご紹介♪

親のマインドが変わると、子供に良い変化が現れます。子育ての良い土台を身につける「4テーマ+基礎メソッド」をご紹介♪

はぴねす子育てを通じ、親と子供の素晴らしい成長や変化、そして、そのプロセスの事例などをご紹介しています♪

専任の管理栄養士より、親と子の生活を豊かにし、体の健康も向上させる栄養バランスのとれた食事知識をご紹介♪


はぴねす子育て相談室について

Counseling room
『はぴねす子育て相談室』では、子供たちの良さ、親子の関係、家族の暮らしを充実させていくためのカウンセリングを行っています。少しだけ相談してみたい!、カウンセリングがはじめてのお客さまのための「30分お試しカウンセリング」も用意しております。ぜひお気軽にご利用ください♪
はぴねす子育てカウンセリング申込みはぴねす子育てカウンセリング申込み