カテゴリー
メインロゴ

〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-3
TEL:03-3584-1098

営業時間:9:00~18:00(土日祝休)
MAIL : お問い合わせ

心と体に◎『笑いの効能』

目次

心と体に◎『笑いの効能』

生活の中で、ついつい笑ってしまうことたとえば、

  • しばらく会っていなかった友達と、街で再会。あまりの偶然に、つい笑ってしまった。
  • 会話のとき、同じタイミングで、同じことを言ってしまい、笑ってしまった。
  • 友達が変な顔をして、笑わしてきた。
  • 面白いギャグを覚えてニヤニヤしてしまった。
  • カップアイスを木のスプーンで食べていたら、突然「ポキッ!」と折れて、びっくりしたけど笑ってしまった。
  • 椅子を動かしたら、床にこすれてオナラみたいな音が出た。
  • 大笑いしている人に、つい、つられて笑ってしまった。
チェック

お子さん、それから親御さん自身も、日常の中に「笑い」は足りていますでしょうか?

ある研究によると、成人が1日に笑っている時間(声に出さないで笑顔の時も含む)は、個人差もありますが、平均で「30秒程度」だそうです。

「1日の中で、けっこう笑っているんだな…」

という印象の方もいれば、

「いや、これだけしか笑っていないのか…」

という方もいらっしゃると思います。皆さんの印象はどうでしょう?

GOOD

おなじ生物の中でも「犬や魚」は笑うことができません。「笑い」は人間固有のものです。

「笑う」という行動ですが、人間の免疫系を「活性化」してくれる働きがあります。そして、その免疫系が「活性化」すると、心も身体も元気になります。

とは言うものの、日々の暮らしでそんなにしょっちゅう「笑う場面」に出くわすとも限りません…

ここがポイント
ママ

でも、そんな時も大丈夫!
これは「人体の不思議」にもなりますが、
たとえ「作り笑い」でも、”大脳” は「笑っている」と “錯覚” し、身体は「活性化」される
のです。

これなら簡単ですね。
“口元をキュッと上げるだけ” で出来てしまいます♪

さらに「鏡に向かって笑顔」をすると、効果は更にアップします!

一人で鏡を見てスマイル…

なんだか少し照れるかもしれませんが…これも “健康のため” 。ぜひトライしてみてください!

最後に「笑いの種類」に関してですが、
大人の場合「一瞬の笑顔」がとても多いそうです。

一方、子どもたちの場合は「大きな声を出して、大笑いすること」が多くあります。

面白かったり、うれしかったり、ほほえましかったり。なんであれ「笑い」は簡単にできてしまう、心と体にとても◎(GOOD)なアクションのひとつ。

みなさんの生活の中に、少しでも多く取り入れていきたいものですね♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日本教育臨床研究所認定カウンセラー
1975年東京生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒。日本教育臨床研究所卒。一般社団法人 For All Children Team 代表。

目次
閉じる