カテゴリー
メインロゴ

〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-3
TEL:03-3584-1098

営業時間:9:00~18:00(土日祝休)
MAIL : お問い合わせ

【特別連載 Vol.7】S.Yくんのストーリー 子どものよいところ、”OK” の部分、素通りしないように。(大人の頑張りポイント)

S.Yくんのストーリー はじめに
親子

登場人物は、温厚な人柄・コミュニケーションがちょっと苦手な「S.Yくん(小学5年生)」
実は、学校でとても嫌な目にあっていました・・

そんな中「何か改善していける方法はないか?」と、彩先生とS.Yくん家族の奮闘がはじまります。

勉強のこと、学校のこと、家族間での相談、そしてプライベートのこと。
「シーズン1(全14回)」の連載を通して、各回ごとの『はぴねす子育てのポイント』もお伝えしていきます♪

目次

子どものよいところ、”OK” の部分、素通りしないように。
(大人の頑張りポイント)

――その後の”S.Yくん” 学習面での成果などは、どうでしたか?

彩先生(以下・彩)前回、
「勉強の進め方についての作戦」、「プラン」が合意に至ったところまでをお話しました。

★”できるもの” を中心にやる。
(”できない” 課題は出さない、漢字はやりやすいとのこと)

★算数は、まずはやってみて、”できそうか”、”できなそうか” を本人がチェック。

★”できそうなもの” は続けてやって “できるもの” を増やしていく。

という作戦です。


勉強をしていくなかで、いくつもの発見がありました。

まず最初に、
“S.Yくん” が「文字をとても丁寧に書く」ということを発見。

テストの点数とは関係ないけれどこれだって十分に素晴らしい。

“よいところ” を見つけたら、認めます。


:「字、丁寧でいいねぇ」。

“S.Yくん”は、スマイルです。

ちょっと、いつもより早いですが、
いきなりポイントになります。

はぴねす子育てポイント

勉強や運動や日ごろの言動全般、
親や先生、周囲の大人が子どもたちの様子を見る時に、

“悪いところ” は目立つので、パッと目につきやすいです。
そして、何かを見つけるとアレコレ指示をしてみたり…。

しかし、『子どもたちの成長を支援する』というところでは、

「よいところ」 を見つけて 認める。
「よいところ」 を シェアしていく。


ということの方が役に立ちます。

そのためには、まず、
“子どものよいところ” を見つける必要があります。

よいところは “OK” の部分なので、
見つけようとしなければ、素通りしてしまうことが多いものです。

『子どもの “よいところ” を素通りせずに見つける!』
大人の頑張りポイントです。

“よいところ” を見つけようと思い、
気にしていたら探していたら
“よいところ” を見つけるのが上手になります。

(大人だって成長していきます)

親自身にも、子どもにとっても “よいこと” と言えます。


さて、“S.Yくん” との勉強のこと、その後の様子に話を戻します。

勉強の内容は、相談した通り、
《できるものが中心》 なので、苦しさは少な目。

宿題もほぼ「100%」実施している。
算数では、基本問題はできる。
応用問題も少し入ったところぐらいまではできそう。
問題を解けて “スッキリ” とか、難しすぎて “うんざり…”
こんな気持ちの動きも当然ある。

問題と向き合って、

「コレはできそう…」とか
「…意味がわからない…パス!」など、

“自分で判断する感じ” も出てきた。

ふと気がつくと、もう30分以上勉強をしていて、
“S.Yくん”「ヤバい!やり過ぎた」なんて言っている。(笑顔です)

テストの成果なども見てみます。

漢字テストは「70点」ぐらい
時折「90点台」も。(快挙です!)

算数は「40~50点」が多い。
なかなか「60点」に届かない…。など

そもそも、文字や算数の式も丁寧に書く “S.Yくん”。
喋るのもそうですが、”進み具合” はゆっくりです。

テスト前の勉強で、全部の範囲は終わりません。
勉強のことだけを考えると、文字が多少汚くなっても、
「速度を上げていこう!」という方針もあり得る。


だけど、“子どもの成長”、
“人間としての成長” ということを考えたら断然

『マイペースで進むのがよい』

“物事に丁寧に取り組む姿勢” など、
生きていく上で、科目の学習内容よりも有益という感じもある。

無暗に急かさずに、”本人のよい部分” を大事にして、
のんびりと進んでいきました。

なんとなく、本当になんとなくですが、

漢字テストが「92点」だったからか、
それを見て、お母さんが驚いたからか、
宿題もこなしつつ、毎週リズムよく進んでいるからか、
お喋りの量が増えたからか、

この頃の “S.Yくん”、

少しずつ「自信」をつけてきているようでした。

次回、“S.Yくん”の成長ぶりの続きを紹介しながら、
「成長をサポートする時に大事にするポイント」
など、もう少し具体的に話をしていきたいと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日本教育臨床研究所認定カウンセラー
1975年東京生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒。日本教育臨床研究所卒。一般社団法人 For All Children Team 代表。

目次
閉じる