カテゴリー
メインロゴ

〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-3
TEL:03-3584-1098

営業時間:9:00~18:00(土日祝休)
MAIL : お問い合わせ

【ADHD・ASD・不登校】子育て「ポジティブ回復」「OKゾーンキープ」のための9項目♪《確認編》

動画の説明

【ADHD・ASD・不登校共通】親自身の「OKやGOODな部分」をあらためて見つめなおし、ポジティブなマインドを回復させるためのチェック9項目です♪

動画のポイント

ポジティブ回復&OKゾーンキープの9項目

【1】親自身の「OK・GOODな部分」ちゃんと気づいていますか?(その1)
子供との「普段の暮らし」を「成り立たせること」ができていたら、それだけで、親として「OK」です♪

【2】親自身の「OK・GOODな部分」ちゃんと気づいていますか?(その2)
子供たちが「言うこと聞かない」「毎日怒ったり泣いたり大騒ぎ」などがあったとしても、それは、子供にとっておうちで安心できている証拠。「子供たちがおうちで安心できる状況」をつくれている点で、これも親として「OK」です♪

【3】親だけが「できていること」ちゃんと気づいていますか?
親が「子供の好きな場所」に連れて行ってあげたり、「子供が好きなデザート」をあげたりして「子供の笑顔」が作れてしまう場面は、日常にたくさんあるものです。 実は、これは親ならではの「素晴らしい事」なんです♪(学校や習い事で「子供の同じ笑顔」を作ろうと思っても、なかなか難しいこともあります)

【4】子供の「ネガティブな面」ばかり見えていませんか?
子供の「OKやGOODな事」に触れていたとしても、普段の生活では「意識」していないと通り過ぎてしまうことも多いです。(人間の脳は「嫌なこと」「問題のあること」が記憶に残りやすいため)そのため「子供のOKやGOODな部分」を普段から「意識的に見つけておくこと」がとても大切です♪

※こちらも、ぜひご覧ください♪ 子ども(自分たち親子)のOK・GOODを見つけながら
https://happiness-kosodate.jp/case-st…

【5】お父さん、お母さん自身の「子育て観」を持っていますか?
親からみて、お子様に「気になること」が多かったり、学校との兼ね合いで「対応すること」が多かったり・・。そういったものに「無理に振り回されないため」に持っておくと良いのが、”我が家はこれを大事にする” という「子育て観」です。

※こちらもぜひご覧ください♪ 【発達障害・子育て】たった3つの基本!〜コンパクト版〜《はぴねすメソッド》 https://youtu.be/NqLxaCu4CI4

【6】子供に「無理」をさせていませんか?
もしお子様が「無理」をしていそうなら、子供の「コンディション」を優先しましょう♪ 学校など「外部からの要求」と「子供本人のコンディション」を比べたら、断然「子供本人の気持ち」を大事にすることをお薦めします。

【7】子供の子育て「親」が急ぎすぎていませんか?
「子育て」を急ぐと、上手くいかないことも多いばかりか「親と子供の関係」がギクシャクしてしまうことも・・。子供の成長は、子供が「マイペース」で進んでいる時が一番良く出てきやすいです。これは「親子の関係」にも、とても良い状態です♪

【8】子供の「趣味やお気に入りの世界」を大事にしてあげていますか?
子供本人が「大事」にしていることや、子供本人の「お気に入り」のこと。お父さんやお母さんが「一緒に応援」をしてあげられたら、子供はとても喜びます。まずは子供を応援して、子供に寄り添って、お話を聞いてみることが大切です♪

【9】子供との「コミュニケーション」を大事にしていますか?
子供との「やりとり」=「コミュニケーション」が、まるで仕事関係の様に「業務連絡」になっていませんか?「意見」や「考え方」が違ってもOK!お父さん、お母さんが子供の気持ち・考えを大事にして、お互い認め合っていける様に、「良いこと」も「悪いこと」も、いろんなことを「シェア」しながら「わかり合って」進んでいくと、親子の関係も良い状態、もちろん子供の成長も発展しやすくなります♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

発達障害を持つ子、不登校の子供たちとのコミュニケーション・アート制作、お父さんお母さんたちとの相談を中心に、1999年より子供たちの成長支援、家族のサポートを行う。

日本教育臨床研究所認定カウンセラー。1975年東京生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒。日本教育臨床研究所卒。一般社団法人 For All Children Team 代表理事。はぴねす子育て相談室代表・監修。