カテゴリー
メインロゴ

〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-3
TEL:03-3584-1098

営業時間:9:00~18:00(土日祝休)
MAIL : お問い合わせ

【ADHD】お友達ができやすくなる方法!〈小学2年生実例〉

【ケーススタディ】ADHDの小学2年生。友達作りの王道「私も入れて!」

動画の説明

「ADHD」の子どもたちが「実際に友達を作っていった場面」を紹介♪子どもの「友達作りのイメージ」、保護者側での「サポート方法」の参考にぜひしてみてください。

動画の概要

ADHDの小学2年生(3人兄弟の末っ子)。お家でのコミュニケーションが取れていて、すぐに「私もいれて!」「私もやりたい!」と言えちゃう子。それが言えれば、すぐに友達になれていく場面があります。子供の友達作りをサポートするときに「私も入れて」「私もやりたい」って言ってごらん?とサポートしてみるのも良いですね。もちろん、言えなかったとしても方法はたくさんありますし、まわりから誘われた時に「うん」と言えるだけでも友達はできていきます♪

友達ができやすくなる「3つのポイント」

【1】「家族でのコミュニケーション」を大事にする♪
⇒家族内でコミュニケーションが取れていると、外でもコミュニケーションを発揮しやすい。

【2】「子供の趣味・お気に入りの活動」を大事にする♪
⇒外でのコミュニケーション活動の “きっかけ” になりやすい。

【3】「人との出会い」を大事にする♪
⇒「どんな場面」で「どんな人と出会えるか」がとっても大事。ぜひ保護者の方が、お子さまが「他の子」と出会う機会を作ってみてください。年齢やポジションは関係ありません♪

まずは【1】と【2】だけでもトライしてみましょう♪

★本動画をご覧いただくにあたって★
動画では「お友達ができやすくなる方法」を紹介していますが、たとえ友達がいなくても「発展的に進んでいく子」はたくさんいます!お子さんに「友達がいたら良さそうだな♪」という場合の視点でご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

発達障害を持つ子、不登校の子供たちとのコミュニケーション・アート制作、お父さんお母さんたちとの相談を中心に、1999年より子供たちの成長支援、家族のサポートを行う。

日本教育臨床研究所認定カウンセラー。1975年東京生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒。日本教育臨床研究所卒。一般社団法人 For All Children Team 代表理事。はぴねす子育て相談室代表・監修。

目次
閉じる