カテゴリー
メインロゴ

〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-3
TEL:03-3584-1098

営業時間:9:00~18:00(土日祝休)
MAIL : お問い合わせ

今日から睡眠改善 “食生活”を整えよう!

「はぴねす子育て」睡眠では「お子さまの健やかな成長」や「ご家族の健康をサポートする情報」を専任の睡眠改善インストラクターからご紹介しています。

睡眠は、お子さまの心身の成長はもちろん、ご家族みなさまの健康とも切り離せない関係にあるもの。

お子さまがスクスクと成長するために、睡眠をしっかりとれているかどうか。よりよい睡眠をとるにはどうすればよいか。みなさまの睡眠や生活習慣について見直してみるきっかけとなれば幸いです。

国際幼児教育・保育従事者の調査(OECD〈経済協力開発機構〉調査2018)によると、日本が17の地域の中で睡眠時間が一番短く、多くの子どもたちが睡眠に関する何らかの問題を抱えています。その問題は、睡眠習慣だけでなく、不眠症、過眠症、睡眠時無呼吸症候群などのさまざまな睡眠障害も含み、多岐にわたっています。

睡眠は、人類の場合は特に脳の機能を維持していくのに欠かせない生理現象であり、子どもの心身の発達・成長に大きく影響します。

「はぴねす子育て」では「生活習慣で睡眠の質を高める」ことを念頭に、良い睡眠で期待できる下記4つを目的にお話を進めていきたいと思います。

「はぴねす子育て」の睡眠4要素

  1. 成長ホルモンの正しい分泌(健やかな成長)
  2. 記憶の整理
  3. 情緒の安定
  4. 自律神経を整える

さっそく今日からはじめよう!
【実践編】子どもの成長のための睡眠改善

お子さまの成長にとって大切な睡眠。しかし、なかなか良質な睡眠が取れていないお子さまが多いのが現状です。

では「より良い睡眠」をとるためにはどうしたらよいのでしょうか?「はぴねす子育て」睡眠学より、すぐに始められる改善ポイントをご紹介していきたいと思います♪

睡眠改善のポイント
「食生活」を整えよう!

「毎日3食!」しっかり食べよう!

人間の体内時計は「食べる」という行動に、とても影響を受けやすくできています。

これは人類が昔から朝昼夕に食事からエネルギーを摂取して暗くなると「休息する」という生活スタイルを繰り返してきたためです。

現代の子供たちは特に「朝ごはん」を食べないことが多いと言われていますが、しっかり食べ、日中の活動レベルをあげないと「生活のメリハリ」がなくなり、体内時計を正常に動かせなくなってしまいます。

また「朝ごはん」をしっかり食べると、胃結腸反射(いけっちょうはんしゃ)と呼ばれる「しっかり大腸が動き出して、便が直腸に運ばれて便意を感じる神経反射」が起こります。
「朝ごはん」で腸が正常に動いて「自然な排便」がおこるというわけですね♪

ですから、毎日「朝から午前中」に排便をしているかどうか?は「体内時計が正常に動いているかどうか?」のひとつのバロメーターになります。

「夕飯」は寝る2時間前までに!

人間は「寝ている間」には胃腸の動きは活発ではなくなります。
また胃の中に食べ物がある状態だと「眠りも浅くなってしまう傾向」をもっています。

このことから、寝る直前に食事をすると、こんな悪循環にも・・

× 寝る直前まで食事
   ↓
× 眠りが浅くなり、翌朝食欲もわかない
   ↓
× 朝食を食べない
   ↓
× 日中の活動量が低下する
   ↓
× 生活にメリハリがなくなる
   ↓
× 夜の睡眠に悪影響を与える。

少なくとも「寝る2時間前まで」に夕食を済ませておく様にしましょう♪


いかがでしたでしょうか?「すぐに始められる、睡眠改善ポイント」今回は「食生活を整えよう!」のテーマでお伝えして参りました。

次回は「運動の習慣」をテーマに、睡眠改善のポイントをご紹介していく予定です♪

「はぴねす子育て」睡眠学では、これからもお子様の健やかな成長やご家族の健康をサポートするため、よりよい睡眠や生活習慣の改善方法をご提案して参ります。

次回もどうぞ、お楽しみに♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日本睡眠改善協議会認定 睡眠改善インストラクター
早稲田大学商学部卒業。 大手寝具メーカーで企画に携わった後、睡眠改善インストラクターの資格を取得。現在、特に子どもの睡眠改善を目的に活動中。